脱毛時期の強い見方

がんの治療を受けるとき、抗がん剤での治療をします。医師から、抗がん剤による脱毛の可能性を告げられます。そのような場合、治療を開始する前にやっておきたいことがあります。それは、医療用ウィッグの準備です。この記事では、抗がん剤を使用する際に、なぜ医療をウィッグが良いのかをご紹介していきます。

まず、抗がん剤が投与されてから、およそ2~3週間で脱毛が始まり、投与終了のおよそ1ヶ月後まで脱毛時期が続きます。この期間は、何かしらの頭部保護をしなければなりません。頭部は、普段は毛髪により保護されているので、あまり感じませんが、寒さや暑さを敏感に感じて、汗も多くかきます。以前は、帽子やバンダナを使用するのが一般的でしたが、がんの早期発見などにより、普段に準じた生活を送る方が多くなったので、最近では医療用ウィッグの人気が高まっています。医療用ウィッグは、伸縮性の優れたネットに毛髪を植えてあるので、フィット感はありますが、脱毛や発毛で変化する頭の周りのサイズや細かいアドバイスをもらうために毛髪の専門家のいる店舗で用意するのがいいです。そして、医療用ウィッグは、比較的安価な既製品、セミオーダーやオーダー後、1ヶ月を要するフルオーダー品と各種種類があります。植えてある髪の毛の種類も人毛だと、シャンプー・セットが必要だったり、人工毛だと、形状記憶なのでお手入れが楽であったりとその利用価値に応じた選び方をしていきたいですね。

一旦治療を開始すると、ショートの長さまで生えそろうまでに治療後半年はかかります。平均して1から2年間は医療用ウィッグ、外観的なカバーをしてくれますので手放せなくなります。治療が始まる前に準備しておくことをお勧めします。