頭部の保護

薬抗がん剤での治療を受けることのなった際、投薬中は髪の毛が脱落してしまうことが予想されます。医師から、その可能性について話があった場合は、あらかじめ帽子やバンダナでの頭部の保護をするための準備をします。また、治療に専念している最中でも普段の生活と変わらず過ごす方も増えているため、医療用ウィッグを用意する方も増えています。

投薬が開始されてから、およそ2~3週間で脱毛が始まります。個人差はありますが、投薬が終了してから、およそ1ヶ月で再び生え始めます。そして、ショートヘアの長さに伸びるまでに、半年から1年はかかります。この間、頭部の大きさは変化していて、これに対応するのが、伸縮性のあるネットに植えられた医療用ウィッグです。近年、その人気の高さから、粗悪品などが出回るようになったために2015年に医療用ウィッグJISが制定されました。性能や品質、安全性の基準が取り決められ、JISマークのついている医療用ウィッグの使用に信頼をもたらしています

投薬中は、頭部の保護のためや外見的な要素を補うために医療用ウィッグが活躍します。普段と変わらない生活を送る方もいらっしゃるので、外観的に自然に見える医療用ウィッグが大変重宝しますね。


推奨リンク|医療用ウィッグ
<日本工業規格(JIS)基準に適合している医療用ウィッグです。>

治療に専念

外観に大きな変化をもたらす病気、ガン。近年は、早期発見ができるようになり、ガンを患っても再び社会へ復帰されていく方が増えてきました。治療に使われる薬の種類によっては、髪の毛などが抜け落ちてしまうことがあります。よく知られていることですが、治療中の方は、バンダナや帽子で頭部を保護しています。最近、注目されている医療用ウィッグをご存知ですか。驚く程軽くて、使用感が良いので、人気が出ています。

女性医療用ウィッグは、既製品のものから、セミオーダーやフルオーダーできるものまでおおくあります。また、ウィッグ部分の毛髪の種類も各種あり、人の髪の毛を使用しているものから、人工的に作られた髪の毛まで様々です。医療用ウィッグは、治療に専念できるようにつけているのを忘れそうな位に軽いものが適しています。髪の毛をネットに植えてありますが、ネット自体が軽くて透けた感じのある素材を使ってあるものが便利で良いです。

そのネットに植えてある髪の毛も、こだわっているものは職人の手で植えてあるために、とても自然に見えます。自然な毛の流れを再現してあるので、つむじも表現できます。軽くて、見た目も良いので、医療用ウィッグの使用感に満足できます。できれば、抗がん剤での治療が始まる前に、医療用ウィッグを用意してけば、外観の変化にも対応できて安心して治療に望めるのではないでしょうか。